水墨絵画 蓮花・水を描く - 見聞社

水墨絵画 水を描く

Add: ugivosel52 - Date: 2020-12-01 14:52:41 - Views: 1544 - Clicks: 7775

鈴木敬 中国絵画史 上 吉川弘文館 1981年-郭若虚『図画見聞志』 張彦遠『歴代名画記』の後を継ぐ中国絵画の正史 『宣和画譜』 北宋末徽宗朝の宮廷コレクションのリスト 青木正児 青木正児全集6 歴代画論 春秋社 1969年 郭煕『林泉高致』訳など. 11 形態: 120p ; 30cm 著者名: 見聞社 シリーズ名: 水墨絵画 : 日本画の原点 ; 3 書誌id: baisbn:. 鷹・滝を描く フォーマット: 図書 責任表示: 見聞社編集 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 同朋舎出版, 1997. 宋時代は中国絵画史のピークであるとともに転換期でもあった。唐時代までの絵画の主流は人物画であり、着色画であった。こうした伝統的絵画は、以後の時代にも引き続き制作されるが、宋時代には山水画と花鳥画の様式が確立され、なかんずく山水画が中国絵画を代表するジャンルとなった。五代から北宋にかけては、山水における北方山水画と江南山水画、花鳥画における黄氏体と徐氏体(諸説あるが、前者は「富貴」、後者は「野逸」とされる)などの様式が確立し、各分野の絵画は筆法、構図などの面で大いに進歩し、後世に影響を与える多くの大家を輩出した。山水画においては唐時代まで主流であった青緑山水画も引き続き制作されたが、この時代には士大夫の絵画としての水墨による山水画が主流となった。 唐末・五代の山水画家として、江南では董源(とうげん)、巨然(きょねん)、華北・中原では荊浩(けいこう)、関同(かんどう)の名が伝わるが、現存する彼らの作品はほとんどが模本か伝承作品である。やや時代が下って北宋の初期から中期にかけての山水画家としては李成(りせい)、范寛(はんかん)、郭煕(かくき)らが著名である。北方と南方の風土の差は画家たちの画風にも影響を与えた。荊浩らが描く北方の山水は、切り立った稜線とごつごつした岩肌が目立ち、これに対して、董源らによる江南の山水は、湿潤な大気に霞む穏やかな風景を描き出している。この時代には文人士大夫、すなわち儒教的教養のある支配階級が、絵画の享受および制作の主たる担い手となった。北宋末には、書家としても知られる米芾(べいふつ)とその子の米友仁(べいゆうじん)の父子がある。米芾は書家としては宋の四大家に数えられ、画家としては米法山水の創始者として知られる。米法山水とは、堅い輪郭線を用いず、楕円形の墨点を重ねて形態や濃淡を表すものである。宋時代を代表する文学者・書家である蘇軾(そしょく)も文人の余技として古木竹石などを描いている。五代の後蜀と南唐には宮廷画院が設置されたが、宋朝も画院(翰林図画院)の制度を設け、画院の画家には待詔、祗候などの職位を与えて画業を奨励し、多くの宮廷画家が活躍した。北宋末の徽宗皇帝は、為政者としては無能であったが、文化の振興、画院の改革に尽し、自らも筆を執って書画をよくした。北宋時代の画家としては他に白描(墨の輪郭線のみによる描法)の人物を得意とした李公麟(り.

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. 2 形態: 120p ; 水墨絵画 蓮花・水を描く - 見聞社 30cm 著者名: 見聞社 シリーズ名: 水墨絵画 : 日本画の原点 ; 6 書誌id: baisbn:. ⑱『日本画の原点 水墨絵画 (6) 鷹、滝を描く』 見聞社/編 同朋舎出版 1997 p7-17に鷹を題材の中国絵画(水墨画)の作品例あり。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号. 見聞社 、 河北 倫明 | 1996/11/1 大型本 こちらからもご購入いただけます ¥1,283 (10点の中古品).

10 形態: 120p ; 30cm 著者名: 見聞社 シリーズ名: 水墨絵画 : 日本画の原点 ; 2 書誌id: baisbn:. 馬麟(ばりん、生没年不明)馬遠の子。寧宗の嘉泰年間(年)に画院祗候の地位にあった。山水のほか、父と同様の辺角構図の花鳥画をよくした。. 馬遠(ばえん、生没年不明)は南宋画院の山水画家。籍は山西にあったが、銭塘(杭州)に住んだ。字は遥父、号は欽山。光宗・寧宗の時、画院待詔の地位にあった。馬遠の家系には画家が多く、曾祖父、祖父、父、兄、子、伯父も画家であった。斧劈皴(ふへきしゅん)を多用した山水を描いた。後述の夏珪と共に「馬夏」と並称された。画面を対角線で区切った半分のスペースに主たるモチーフを集中させ、残りの画面を余白として、観者の想像にゆだねる構図(辺角構図)は「残山剰水」「馬の一角」と称された。ただし、これらの評語は必ずしも褒め言葉ではなく、大自然のごく一部しか描かれていないことを評するものともいう。馬遠の作品は、余白の多いものばかりでなく、『西園雅集図巻』(ネルソン・アトキンス美術館)のように細部まで描き込まれたものもある。その他の代表作に『十二水図』(台北故宮博物院)、『華燈侍宴図』(台北故宮博物院)など。 夏珪(かけい、生没年不明)は、南宋画院の山水画家。銭塘(杭州)の人。字は禹玉。寧宗期(年)の画院で待詔の地位にあった。水墨山水をもっぱら描いた。代表作に『渓山清遠図』(台北故宮博物院)、『江山佳勝図』、『長江万里図』(模本)などがある。 1. 趙佶(ちょうきつ、年)は北宋8代皇帝徽宗である。彼は為政者としては無能であったと評されるが、文化の振興には力を入れた。各地から書画骨董を集め、『宣和画譜』などの宮廷所蔵品目録を作った。また宮廷画院の充実を図ったことでも知られる。彼は自らも書画をよくし、書は痩金体(そうきんたい)という独特の細く鋭い筆線による書体を使用した。絵については『搗練図』(唐・張萱の原画の模写、ボストン美術館)、『五色鸚鵡図巻』、『桃鳩図』(日本個人蔵)などの伝承作品があるが、鈴木敬は徽宗の画には代筆画が多く、真作はおそらく現存しないであろうと述べている。 1.

宋時代の花鳥画の画風には「黄氏体」と「徐氏体」があるといわれているが、これら両者の画風の具体的差異は必ずしも明らかではない。黄氏体は五代の画家・黄筌(こうせん)とその一族の画風、徐氏体は同じく五代の画家・徐熙(じょき)とその一族の画風をさす。北宋・郭若虚の『図画見聞誌』によれば、当時の花鳥画について「黄家は富貴」「徐熙は野逸」と評価されていた。黄筌(903年頃 - 965年頃)は四川成都の人で、前蜀の宮廷画家、徐熙(生没年不明)は鍾陵(江西省)の人で、生涯仕官しなかった。通説では黄氏体は輪郭線と彩色主体、徐氏体は没骨体といわれるが、黄筌の作品は『珍禽図』(北京故宮博物院)が残るのみ、徐熙の作品は残っておらず、両者の実際の作風の差は不明である。文献に照らしても、両派の作風にさほどの差異があったとは考えがたい。黄筌の子の黄居寀(こうきょさい)の作と伝えられる『山鷓棘雀図』(さんしゃきょくじゃくず、台北故宮博物院)は、北宋時代の作風を伝える。. 蓮花・水を描く 見聞社編集 (水墨絵画 : 日本画の原点, 7) 同朋舎出版, 1997. 雀・山石を描く フォーマット: 図書 責任表示: 見聞社編集 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 同朋舎出版, 1996. 本・情報誌『水墨絵画 蓮花・水を描く』見聞社のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:同朋舎. 同朋舎出版, 角川書店 (発売) 1999. 桃花・白鷺・雪景を描く フォーマット: 図書 責任表示: 見聞社編集 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 同朋舎出版, 1996.

Webcat Plus: 水墨絵画, 本書は、東洋の美の至宝ともいうべき中国の名画(古画)を詳しい解説付きで多数収録。『中国五千年の至宝』シリーズや『Selection』のテーマ別絵画史は、美の源流をたどる貴重な関係資料といえます。. 崔白(さいはく、生没年不明) - 北宋画院の画家。濠梁(安徽)の人。熙寧期(年)に画院の芸学の地位にあった。花鳥画をよくしたが、人物、山水も描いた。代表作に『双喜図』(台北故宮博物院)がある。 3. 呉元瑜(ごげんゆ、生没年不明) - 徽宗の絵画の師であった画家。ただし、呉元瑜本人については、伝承作品もほとんどなく、画風も定かでない。. 中国絵画では影を描く習慣がなく、事物の色彩は固有色をもって表され、事物の光の当たっていない側を暗い色で描くという習慣もなかった 。西洋絵画で夜景を描く場合、照明の当たっている部分以外は暗く描くのが普通だが、中国絵画の夜景は昼間の光景. 川島睦郎画 ; 見聞社編集. 日本画の原点水墨絵画 7 - 見聞社 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 李成(10世紀)は長安の人で、字は咸熙(かんき)。唐の宗室の出で、五代末・宋初の混乱を避けて山東営丘に移った。李成は、後出の郭煕とともに「李郭」と併称される。「董巨」(董源と巨然)が江南山水画の祖とされるのに対し、「李郭」は北方山水画の祖とされている。李成の事績については、画史の類には多く記録されるが、真蹟は現存せず、伝承作品も多くはない。李成の画風について「墨を惜しむこと金のごとし」と評された。北宋末の米芾は「李成の真蹟は2本しか見たことがないが、偽物は300本もある」と言っている。現存する伝承作品には『晴巒蕭寺図』、『寒林図』(台北故宮博物院)、『読碑窠石図』(大阪市立美術館)、『喬松山水図』(日本、澄懐堂美術館)などがある。 范寛(10世紀後半 - 11世紀前半)は、『谿山行旅図』(台北故宮博物院)の作者として知られる。陝西華原の人で、字は中立という。一説に本名は中立で、性格が寛大だったため、范寛と呼ばれたという。職業画家であったとみられ、詳しい経歴は不明である。当初李成画に学ぶが、それに飽き足らず、自然を師として研鑚を積み、自らの画風を築いたという。『谿山行旅図』は、北宋山水画を代表する著名作で、近景の岩と道、中景の台地を画面下方に小さく表し、圧倒的な存在感をもつ遠景の主山が画面の大部分を占めている。山を下方から見上げて、その高さを強調する手法、すなわち「高遠山水」の典型的作品である。本図については、原本に忠実な写しとする説もある。画面の右下、荷物を運ぶ驢馬の列の後方の樹葉にまぎれるように小さく「范寛」の署名があるが、この署名は書風が稚拙で、本図を范寛の真蹟とする決め手にはならない。 郭煕(1023頃 - 1085年頃)は北宋後期の宮廷画家で、河陽温県(河南省)の人。字は淳夫。神宗の熙寧年間(年)に図画院芸学となり、後に翰林待詔直長という地位についた。理論家でもあり、画論『林泉高致』(『林泉高致集』)の著作がある。高遠(仰角視)・平遠(平面視)・深遠(俯瞰視)の三遠法は郭煕がこの書で述べているものである。郭煕の『早春図』は、北宋山水画の真蹟として現存する数少ない作品の一つである。この作品は、光や大気の存在が的確に表現され、1つの画面に前述の高遠・平遠・深遠の3つの視点が共存するなど、北宋山水画の1つの完成形を示すものである。. 水墨絵画: 著作者等: 松岡 政信 見聞社: 書名ヨミ: スイボク カイガ: 書名別名: 蓮花・水を描く: シリーズ名: 日本画の原点: 巻冊次: 7 (蓮花・水を描く) 出版元: 同朋舎: 刊行年月: 1997.

11 第3刷 人気作家に学ぶ日本画の技法 所蔵館2館. Amazonで見聞社, 政信, 松岡の日本画の原点 水墨絵画〈4〉藤・山岳・猫・虎を描く。アマゾンならポイント還元本が多数。見聞社, 政信, 松岡作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 李公麟(活動期11世紀末 - 12世紀初) - 安徽舒城の人。字は伯時。晩年、龍眠山に隠居したことから龍眠山人と号した。王安石(政治家、詩人)や蘇軾(政治家、詩人、書家)と交友があった。白描の人物画を得意とした。父の李虚一は多数の古画を収蔵しており、公麟はこれらを模写した。伝承作品として『孝経図巻』(プリンストン大学美術館)、『五馬図巻』(東京国立博物館)などがある。 周文矩(しゅうぶんく、生没年不明) - 五代・南唐の宮廷画家。金陵句容の人。人物画、特に仕女図をよくした。伝承作品に『瑠璃堂人物図』(メトロポリタン美術館)、『重屏会棋図』(北京故宮博物院)がある。 韓熙載夜宴図(かんきさいやえんず)は、五代・南唐の画家・顧閎中(ここうちゅう)の作と伝えられる、彩色の風俗画巻。計5つの場面からなる。韓熙載は南唐の政治家で、100人もの妾妓を抱え、酒と女と音楽に溺れ、夜な夜な宴会を開いていたという。南唐の後主・李煜(りいく)は韓の行動を怪しみ、乱行の真意を探るため、ひそかに画家の顧閎中を遣わし、顧が記憶した宴会の模様を絵画化したのが本図であるという。画中画の山水画の様式や、画中に描かれている磁器の様式などから、現存本の制作年代は南宋以降とみられる。 清明上河図(せいめいじょうかず)は、北宋の画家・張沢端(ちょうたくたん)の作品で、当時の人々の生活や街の様子を伝える風俗画として著名である。北宋の都・汴梁(開封)の清明節の賑わいを絵画化したもの。長さ5メートルを超える画巻に士大夫、僧、船頭、人足、占い師などあらゆる階層の人々約700人が生き生きと描かれている。台北故宮博物院本のほか、後人による模本が多数ある。作者の張沢端は山東東武の人で、宣和(年)の画院に属した。.

See full list on weblio. 趣味の水墨画 通巻180号 /4 日本美術教育センター 雑誌 芸術 美術 絵画 日本画 特集・水墨画をみる目を養い、表現力を高める。 ほか 現在 882円. 見聞社 、 松岡 政信 | 1996/11/1 大型本 こちらからもご購入いただけます ¥2,377 (3点の中古品). 百科事典マイペディア - 図画見聞志の用語解説 - 中国,北宋の郭若虚が12世紀に著した画論,画史。6巻。張彦遠の《歴代名画記》のあとを受けて,唐末より北宋中期に至る画,画家について記したもので,第1巻の〈叙論〉では,彦遠にもみられた芸術上の人格主義を踏襲。. 藤・山岳・猫・虎を描く 見聞社編集 (水墨絵画 : 日本画の原点, 4) 同朋舎出版, 1996.

鷹・滝を描く 見聞社編集 (水墨絵画 : 日本画の原点, 6) 同朋舎出版, 1997. Webcat Plus: 水墨絵画, 本書は、これまでの水墨画の狭いイメージではなく、もっと広く色彩豊かな日本画の世界とも融合する内容となっています。 初めて絵筆をもつ方でも、簡単な用具を使って楽しみながら学べるよう、『誌上水墨絵画教室』を設けました。. デジタル大辞泉 - 郭熙の用語解説 - 中国、北宋の山水画家。河陽(河南省)の人。郭河陽ともよばれる。李成の山水画風を受け継ぎ、神宗朝の宮廷画院で指導。代表作「早春図」は台北市の故宮博物院蔵。生没年未詳。. 文同(年)北宋の文人画家。梓州永泰(四川)の人。湖州(浙江呉興)の太守という地位にあった。もっぱら墨竹画を描いた。 蘇軾(年)は北宋後期の政治家、書家、詩人。四川眉山の人。字は子瞻(しせん)、東坡居士と号した。絵画は余技で、古木竹石などを描いた。 米芾(年)は、北宋後期の文人。山西太原の人。字は元章で、海嶽外史、襄陽漫士、鹿門居士などと号した。徽宗に仕え、書画学博士であった。画家、書家、収集家、鑑識家として知られる。画家としては、子の米友仁とともに「米法山水」(楕円形の点描が特色)の創始者とされている。ただし、米芾の書作品は真筆が残るが、絵画作品については確実な遺品はない。 米友仁(年)は米芾の子で、字は元暉(げんき)、懶拙老人(らんせつろうじん)と号した。太原の出身だが襄陽、のち潤州(江蘇鎮江)に移り住んだ。父の米芾と異なり、専門画家に近い存在であった。作品は『雲山図巻』など数点がある。. 日本画の原点 水墨絵画5 牡丹・雲を描く 1997年 総監修:松岡政信 編集:見聞社 発行:同朋舎出版 コンディション:d 底小口にスタンプ、カバースレ カバー/ソフトカバーp /////. 生涯学習成果関連展示 「新しい世界が広がる!」生涯学習の本. 李唐(りとう、1050年頃 - 1130年頃)北宋末から南宋の画院画家。河陽三城(河南孟県)の人。徽宗の時に画院待詔の地位にあった。焦墨を用いた山水画に特色がある。代表作に『万壑松風図』(ばんがくしょうふうず)、『江山小景図』(ともに台北故宮博物院)などがある。 2.

「水墨絵画 4 (藤・山岳・猫・虎を描く)」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. 3: ページ数: 120p: 大きさ: 30cm: ISBN:: NCID: BA※クリックでCiNii. 桃花・白鷺・雪景を描く 見聞社編集 (水墨絵画 : 日本画の原点, 3) 同朋舎出版, 1996. 重要 「表示名」と「プロフィール画像」をご確認ください. 趙昌(ちょうしょう、生没年不明) - 北宋初期の花鳥画家。四川広漢(剣南)の人。没骨の折枝画を得意とした。 2. 明治31年再版【聴雨堂書画図録 全4冊】帙入 渡邊省亭 著 青木恒三郎・訂正兼発行 商品詳細 明治31年再版【聴雨堂書画図録 全4冊】帙入 渡邊省亭 著 青木恒三郎・訂正兼発行の出品です。 帙に虫食い傷みあり。1巻の表紙に少し虫食いあり。題箋に印あり。帙と裏表紙に記名あり。少々湿気臭あり.

水墨絵画 蓮花・水を描く - 見聞社

email: gurej@gmail.com - phone:(126) 256-5316 x 1478

庭木・花木の病気と害虫 - 藍野祐久 - 日本橋女学館中学校 開運模試B

-> 落語読本 - 矢野誠一
-> カイル・マクラクラン - 梶原和男

水墨絵画 蓮花・水を描く - 見聞社 - 宇宙はなぜ 津村耕司


Sitemap 1

空翔ぶ不良 - 百瀬博教 - 年賀状素材集編集部 KADOKAWA年賀状